柔道整復師の仕事

柔道整復師の仕事

急性外傷の骨折・脱臼・打撲・挫傷が私たちの保険適用の業務範囲です。
これらに加えて、様々な痛みやつらさを訴えられる患者様がおられます。
私たちはこれらの保険適用外の症状については、実費での施術をしています。

様々な知識と技術を身につけて、患者様の痛みやつらさを取り除いていくことが今後の柔道整復師の仕事と考えています。

柔道整復師の声

大橋央尚
私は「まえいけ整骨院」に勤務し、多くのスポーツ選手のケガの治療をさせて頂いています。
自分がサッカーをしていた経験から、ケガで練習ができない苦しみ、試合に出られない悔しさは痛いほど分かります。
だからこそ、選手に少しでも早く治ってもらいたいと思って、急性外傷からの早期復帰のための勉強をしています。
治療をさせて頂くのはもちろんですが、ケガをしない体づくりにも力を入れています。
育成世代の選手たちにコアコンディショニングを通じて、バランスの良い体づくり、ケガをしにくい体づくりを指導させてもらっています。
柔道整復師として院内はもちろん、外でも活躍することがとてもやりがいがあります。

柏木直子
私は専門学校時代から「あさひ整骨院 庄内院」でバイトしていました。
施術力も高く、患者さんに喜んでもらえる院なので、卒業後もそのまま就職しました。
勉強した知識や技術で患者さんの役に立てること、自分の手で何かすることで患者さんが楽になられて喜ばれることが何よりうれしいです。
痛みや辛さを取り除き、患者さんの健康づくりをさせて頂いている実感、役に立っているなと思えるのがこの仕事のやりがいです。
毎日楽しく働けているので、柔道整復師という仕事を選び、あさひ整骨院という職場を選んだことが間違いではないと感じています。

宮良理絵
私は沖縄の専門学校を卒業して、大阪のあさひ整骨院に就職しました。
最初は不安でしたが、親切な先輩や仲のいい同期に恵まれてすぐに馴染めました。
患者さんの痛みや不調を施術することで楽にしてあげられるところが、この仕事の楽しいところです。
勉強会も多いので技術を覚えることや磨くことができます。
技術や知識だけでなく、マネジメントや院の運営も教えてくれて、いろんな仕事を任せてもらえるのでやりがいもあります。
将来は沖縄に帰って地元に人たちの役に立てるようになりたいです。